加齢黄斑変性|安曇野市・松本市の眼科

安曇野市や松本市で眼科をお探しなら、やまだ眼科へ

0263735060

【受付時間】9:00~11:00・14:00~17:00
【休診日】土曜、日曜、祝日、火曜午後、木曜午後

お問い合わせ

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性について

一番見たい中心が見えなくなる

加齢黄斑変性について

50歳台から徐々に増加します。網膜の中心、最も視力が出る大事な黄斑部に出血や萎縮がおこり、見えなくなる病気です。変視症(物がゆがんで見える)も自覚されます。萎縮型と滲出型があり、網膜の下の脈絡膜に新生血管がある滲出型は進行性で治療が難しく、0.1未満になってしまうことが高率になります。

横にスクロールできます

症状 中心がゆがんで見える、中心暗点
検査 蛍光眼底撮影(FAG、ICG等)、OCT撮影
治療 網膜光凝固術(レーザー治療)、網膜硝子体手術、光線力学療法、内服薬、硝子体内注射
対策 早期発見(眼底検査)、たばこをやめましょう、サングラスをかけましょう、野菜を多く食べましょう、サプリメントを食べましょう

黄斑前膜

黄斑部分に膜がはって、歪んで見えたり、視力が低下します。高齢者に多く、硝子体手術で膜をはがして除去します。

黄斑円孔

黄斑部の網膜に孔があいて、視力が0.1前後になってしまう病気です。高齢者に多く、硝子体手術で孔の原因となる牽引している膜をはがして除去します。

pagetop

pagetop