設備・機器紹介|安曇野市・松本市の眼科

安曇野市や松本市で眼科をお探しなら、やまだ眼科へ

0263735060

【受付時間】9:00~11:00・14:00~17:00
【休診日】土曜、日曜、祝日、火曜午後、木曜午後

お問い合わせ

設備・機器紹介

設備・機器について

設備・機器について

光学式眼軸長測定装置(画像左)/マルチファンクション・レフラクトメーター(画像右)

光学式眼軸長測定装置は、白内障の手術前に眼の長さ(眼軸長)や角膜の丸み、水晶体の厚みなどを目に触れることなく測定できる機器です。マルチファンクション・レフラクトメーターは、近視や遠視、乱視をはじめ、黒目の丸みの程度を測定する機器です。

設備・機器について

超広角走査型レーザー検眼鏡 デイトナ

画角200度で眼底の約80%を観察範囲に入れることができます。レッドレーザーとグリーンレーザーの二つのレーザーが、病変部位を特定しやすくしています。

pagetop

pagetop