気になる症状

  • TOP
  • 気になる症状

涙目・ドライアイ

涙目・ドライアイ

主涙腺から涙は生産され、目の表面を潤したあと約10%は蒸発し、残った涙は目の内側の上下涙点からまばたきのポンプ作用で、涙小管へ約90%が流出される。 涙のうにたまり、鼻涙管から鼻腔へ排出されます。

☆涙目(涙流症、鼻涙管狭窄・閉塞、涙のう炎)
涙の流れが妨げられると、涙は外にあふれます。加齢により、ポンプ作用が低下すると涙は排泄されません。

涙目・ドライアイ

涙の量や質が低下すると、角膜が乾いて傷つきやすくなったり、感染を起こしやすくなります。
角膜とコンタクトレンズの間では、涙が潤滑液となって目を保護しています。涙の交換率はハードコンタクトでは約20%、ソフトでは2.3%になって目に負担がかかります。

涙目・ドライアイ

※シェーグレン症候群
免疫異常による全身疾患で、涙や唾液が減少します。40歳以上の女性に多い病気です。

ドライアイ(涙の量や質が低下する病気)

症状 目が疲れる、目が重い、目が開いていられない、目が痛い、目が充血する、目がゴロゴロする、目が乾く、目がしみる
検査 涙の量の測定(シルマーテスト)
涙の状態を撮影する
治療 点眼薬、内服薬、ドライアイ用メガネ、涙点プラグ
治療 部屋の乾燥を防ぐ
エアコン(暖房・冷房)の使用を適度にし、風があたらないようにする。
集中して目を使うときは、意識してまばたきする。

アレルギー性の目の病気

☆目のかゆみが続いたら「アレルギー性の目の病気」かも・・・
アレルギー性結膜炎、春季カタル、アトピー性角結膜炎、ドライアイ等の可能性があります。

アレルギー性の目の病気

アレルギー反応の仕組み

アレルギー性結膜炎

◎季節性     (花粉症)
◎通年性     (ハウスダスト、ダニ、カビ、ペットの毛)

症状 ・目がかゆい
・白眼が充血する
・目やにが出る ・涙が出る
・まぶたがはれる
・目がゴロゴロする
コンタクトレンズの装着により、アレルギーを誘発、悪化させる可能性があります。
治療 ・抗アレルギー薬
・抗ヒスタミン薬
・ステロイド薬 アレルギー反応の仕組み図

点眼、内服があります。

白内障クリニック

白内障日帰り手術をおこなっています。
☆目がかすむ・・・ぼんやりと霧がかかったようで視力が低下する。

白内障って何?

眼の構造はカメラに似ています。
白内障とは水晶体が濁って視力が低下します。

白内障って何?
白内障の主な症状 ・まぶしい ・目がかすむ ・近視が進む ・明るい所で見えにくい ・視力低下
多くは加齢による変化が原因・・・・・老人性白内障
その他の白内障 ・続発性白内障(ぶどう膜炎) ・外傷性白内障 ・糖尿病性
・ステロイド性白内障 ・アトピー性白内障 ・先天性白内障

白内障といわれたら、どうしたらよい?

白内障って何?

■点眼薬で白内障の進行を遅らせる
水晶体の濁りをとる薬ではありません。一度濁った水晶体は元には戻りません。

■不便さを感じ始めたら手術を考える
(老眼鏡をかけても新聞の字が読めない。運転免許の更新ができない。)

■手術
濁った水晶体の後のうだけ残して超音波で砕いて吸引し、眼内レンズを挿入します。

■後発白内障
手術後、後のうが濁って視力低下することがあります。レーザーで治療すると視力は回復します。

緑内障クリニック ※緑内障レーザー治療、緑内障手術をおこなっています

緑内障レーザー治療、緑内障手術をおこなっています。

緑内障ってどんな病気?

視神経が障害され、視野が狭くなる病気です。 眼圧の上昇が病因の一つです。

・房水と眼圧
目の中には房水といわれる水分があり、一定の圧に保たれています。何らかの原因で房水の流れが妨げられると眼圧が上昇します。

緑内障ってどんな病気?

緑内障の種類

・開放隅角緑内障 ・閉塞隅角緑内障 ・正常眼圧緑内障 ・続発性緑内障 他

検査 ・眼圧測定(正常眼圧10~21Hg) ・隅角検査 ・眼底検査 ・視野検査
症状 ・眼が重い ・視野狭窄 ・視力低下
※緑内障発作
閉塞隅角緑内障で急激に眼圧が上昇して、眼痛、頭痛、視力低下、
充血があり、緊急手術が必要。
治療 1.点眼、内服等で眼圧コントロール
2.レーザー治療
3.手術治療
 基本的には生涯にわたる治療が必要です。

網膜・硝子体クリニック

眼底疾患に対するレーザー治療、網膜はく離手術、硝子体手術をおこなっています。

黒いものが飛んで見える・・・・・・・飛蚊症

眼球の一番大きい所にある透明ゼリー状の硝子体が加齢によって液化すると後部硝子体剥離を起こす。線維性混濁も増加し、これが網膜に影をおとし黒いものが見える。 (ゴマ状、虫状、カエルのたまご状、糸くず状、たばこの煙状) 明るい所や白い壁、青空などを見るとはっきりする。

黒いものが飛んで見える・・・・・・・飛蚊症
網膜裂孔・網膜剥離 硝子体剥離や、その他の原因で網膜に穴があいたり(網膜裂孔)、その穴から網膜下に液体が入って網膜がはがれる(網膜剥離)ことがあります。
治療は網膜裂孔では、網膜光凝固術(レーザー治療)を外来で行います。
網膜剥離では網膜裂孔閉鎖術をおこないます。
硝子体出血 糖尿病や高血圧症、外傷などでおこる眼底出血、網膜裂孔でも、硝子体中に出血がおこると、ひどい飛蚊症(スミをおとした様に黒いものが出たり、赤いカーテンが目の前にひかれたようになる)になります。出血が少なければ止血剤などの内服で吸収されますが、出血が多ければ、硝子体手術をおこないます。眼底出血等に対してはレーザー治療をおこないます。
ぶどう膜炎 細菌やウィルス、眼のアレルギー反応により炎症がおこると、硝子体に混濁が起こります。炎症を抑える内服や点眼薬、点滴治療をおこないますが、ひどい場合は、硝子体手術をおこないます。

黒くて見えない部分がある・・・・・・・・・視野欠損、視力低下

網膜静脈閉塞症 最も多い眼底出血の原因です。動脈硬化や高血圧症で多くおこります。
治療は止血剤などの内服治療、網膜光凝固術(レーザー治療)をおこないます。
予後は視力の出る大事な部分(黄斑部)に出血や浮腫が及んでいるかで異なります。

糖尿病と目

眼に現れる糖尿病の影響・・・・・・・糖尿病性網膜症

成人の失明原因のトップは糖尿病性網膜症です。その他、糖尿病による眼の合併症には網膜症の末期的段階に発症する血管新生緑内障、白内障、眼筋麻痺や神経麻痺による複視があります。 糖尿病性網膜症とは、糖尿病で網膜の毛細血管が障害され、つまったりして眼底出血や浮腫、硝子体出血、視神経萎縮をおこすことです。

危険度:注意

分類 眼症所見 自覚症状 治療
単純性網膜症 網膜小出血・白斑 全くない 血糖コントロール
内服薬

危険度:やや危険

分類 眼症所見 自覚症状 治療
前増殖網膜症 出血斑・軟性白斑
血管の拡張、蛇行
ほとんどない 血糖コントロール
内服薬
レーザー治療
硝子体手術

危険度:危険

分類 眼症所見 自覚症状 治療
増殖網膜症 新生血管、増殖膜
硝子体出血
網膜剥離
緑内障
視力低下~
失明
血糖コントロール
内服薬、点眼
レーザー治療
硝子体手術
緑内障手術

糖尿病といわれたら→眼底検査

網膜症のない人    1年に1回
単純網膜症の人    3~6ヶ月に1回
前増殖網膜症の人   1~2ヶ月に1回
増殖網膜症の人    2週間~1ヶ月に1回

◎増殖停止網膜症
治療により症状が安定した状態です。
2~6ヶ月ごとの眼底検査が必要です。再び進行し始める可能性もあります。

糖尿病といわれたら→眼底検査

加齢黄斑変性

一番見たい中心が見えなくなる

◎ 加齢黄斑変性
50才台から徐々に増加します。 網膜の中心、最も視力が出る大事な黄斑部に出血や萎縮がおこり、見えなくなる病気です。変視症(物がゆがんで見える)も自覚されます。 萎縮型と滲出型があり、網膜の下の脈絡膜に新生血管がある滲出型では進行性で治療が難しく、0,1未満になってしまうことが高率になります。

検査 蛍光眼底撮影(FAG、ICG等)、OCT撮影
治療 網膜光凝固術(レーザー治療)、網膜硝子体手術、光線力学療法、内服薬
予防 早期発見(眼底検査)、たばこをやめましょう、サングラスをかけましょう、野菜を多く食べましょう、サプリメントを食べましょう。